AGAクリニック治療費比較

AGA治療費比較【2017年冬】

AGA治療費を治療内容毎、AGAクリニック毎に比較しています。
AGAクリニックの選び方もきちんと整理してみました。

 

  • 抜け毛が増えてこのままじゃハゲ確定。。。と悩んでいる
  • AGA治療したいけど、費用が気になる
  • AGA専門クリニックはたくさんあるけどどれを選べば良いか分からない

という方のために、できるだけ詳細にまとめます。

 

 

治療内容で費用が変わる

AGA治療の方法は色々あります。
内服薬を飲むだけだったり、頭に外用薬を塗ったり、
頭に注射する治療もあれば、植毛するものも。

 

AGA治療にかかる費用は治療方法次第ということになります。

 

なので、治療内容毎に費用を把握しておくことは重要ですね。

 

というわけで、このセクションでは治療内容毎に費用の相場をまとめます。
相場を理解していないと、クリニックで高額な費用を突き付けられたときに妥当な金額か判断できません。
費用に不安を持っておられる方は是非チェックをしてください。

 

 

内服薬

内服薬にも色々ありますので、その特徴と費用の相場をまとめます。

 

プロペシア錠

有効成分はフィナステリド。
フィナステリドは、抜け毛の原因である男性ホルモンDHTを生成する2型5αリダクターゼの活動を抑制します。
抜け毛防止の効果があります。
抜け毛を防止できると髪の毛が長期間育つので、太くハリのある髪の毛になります。

 

サガーロ

有効成分はデュタステリド。
フィナステリドは1型の5αリダクターゼを抑制してくれますが、
デュタステリドは1型と2型両方の5αリダクターゼに効くので、プロペシアよりも抜け毛防止効果が高いです。

 

ミノキシジルタブレット

元々は高血圧の治療薬でしたが、服用した患者が多毛症になったことから、育毛治療に使われ始めました。
血管拡張作用により頭皮の血行を改善することで、髪の生成に必要なたんぱく質などを供給できるようになります。
薄毛の人のほとんどは血流不足による栄養不足で、髪の毛が成長する前に抜けてしまう状況になっていると言われています。
フィナステリド系の抜け毛防止薬と併用することで、抜け毛防止と発毛効果が期待できます。

 

AGA治療内服薬費用まとめ

AGA治療用内服薬の費用をまとめておきます。
自由診療なので、クリニックによって費用の違いがあります。
また、費用は変わる可能性があるので、最新情報はクリニックに確認をお願いします。

ファイザー プロペシア サガーロ ミノキシジル
AGAスキンクリニック 6,000円
(3,400円)
7,000円
(4,200円)
8,200円
(4,800円)
新宿メディカルクリニック 6,500円
AGAヘアクリニック 7,500円 9,000円 10,000円
ゴリラクリニック 9,000円 7,500円
TOMクリニック

※ファイザー:プロペシアのジェネリック医薬品
※カッコ内は初回費用
※AGAヘアクリニックでは他に以下のような少し安価なものもある
 フィナステリド配合薬:5,500円
 デュタステリド配合薬:8,000円

 

外用薬

市販品

外用薬にも色々あります。
通販で人気の育毛剤として、チャップアップ、ブブカなどがあります。
市販では、日本で唯一発毛効果が認められた「リアップ」シリーズが有名ですよね。
テレビCMでもよく見かけます。水谷豊さんが出てるヤツです。

 

「AGA治療」の効果で見れば、
リアップX5 プラス > チャップアップ、ブブカなどの育毛剤
でしょう。

 

使用量は、1回1mlで、1日2回。
60ml入りなので、1つで1か月分ということになります。
費用は1か月で、7,000円〜8,000円位です。

 

 

※そのリアップの効果の源はミノキシジル。
 先ほど紹介したミノキシジルタブレット(内服薬)の成分です。
 外用薬(塗り薬)だと、頭皮から吸収できる量は限られ、内服薬の方が効果が高いです。
 「ミノキシジルタブレット」(略して、ミノタブ)の効果には大きく期待ができます。

 

 

AGAクリニックのオリジナル外用薬

クリニックが独自の配合でオリジナルの外用薬を処方していることがあります。
費用は1か月分で、15,000円〜20,000円位が相場となります。

 

例えば、AGAスキンクリニックならフィナステリドとミノキシジルを主成分としたオリジナルの発毛剤「Rebirth」があり、1か月分で14,000円となっています。

 

AGAの薬に限らず、医者の処方薬の方が市販品よりも効果が高いので、
効果を取るか、費用を取るかという選択になるかと思います。

 

 

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーというのは、発毛成分を直接頭皮に注入する治療です。

 

内服薬と併用が可能なので、両方すると、短期間でより高い効果が期待できます。
具体的な処置方法はクリニックによって異なりますが、注射やレーザーで注入する方法があります。

 

費用はクリニックによって大きく異なります。
約20,000円〜70,000円

 

針を使わない方法の方が安い傾向があります。

 

 

HARG療法

HARGとは、Hair Re-generative Therapyの略で、「髪の毛を再生する治療法」ということになります。
名前からして効きそうでワクワクしますねぇ。

 

幹細胞から抽出された成長因子を頭皮に注入して発毛機能を再生する、というもの。
症状によって、1回で済む場合と複数回必要な場合があります。

 

AGAスキンクリニックの「AGA幹細胞再生治療」

「1か月に1回の治療で、大体の方は半年前後で頭皮になんらかの変化を感じ、半年から1年程度で発毛成果を得ています」とのことです。
1回の注入は、2ccと4ccが選べます。
2ccの注入で6万円、4ccなら8万円です。
2ccなら、半年では36万円ということになりますね。

 

 

ゴリラクリニックの「ほぼ無痛ハーグ治療(ノンニードルHARG注入療法)」

その名の通り、針を使わず浸透注入する方法です。
都度払いなら10万円。
6回コースなら1回8万円、12回コースなら1回7万円です。
月1回として、半年で48万円となります。

 

 

新宿メディカルクリニックの「成長因子注入治療」

500円玉1個程度の範囲なら、8,000円。
はがき位の範囲なら、8万円。
契約期間が長くなると、単価は安くなります。
1か月に2回の注入となるようです。
なので、500円玉1個程度の範囲の治療なら、半年で96,000円となります。

 

治療範囲が狭いのなら、新宿メディカルクリニックは他と比べて破格となります。

 

なお、
ジェットスプレー注入法ということで、針を使わないので痛みがかなり軽減されています。
注入治療から30日以内なら「いかなる理由でも納得いかない場合は全額返金」というビックリする保証が付いています。

 

 

植毛

植毛は、人工毛を使う場合と自分の毛を使う場合がありますが、
人工毛は拒否反応が起こるかもしれないので、私はお奨めしません。
やるなら自分の毛でやるのが良いと思いますが、費用は非常に高いです。
1000本で、90万円〜100万円位。

 

まとめ

AGAクリニック毎の費用比較まとめ

まずは、内服薬による治療費を比較表でまとめました。
全て約1か月分の費用となります。

フィナステリド系 デュタステリド系 ミノキシジル系
AGAスキンクリニック 6,000円
(3,400円)
8,200円(4,800円)
新宿メディカルクリニック
AGAヘアクリニック 5,500円 8,000円 10,000円
ゴリラクリニック 9,000円 7,500円
TOMクリニック

※カッコ内は初回の費用

 

次は、内服薬以外の治療費比較です。

外用薬 注入
(6か月分)
植毛
AGAスキンクリニック 14,000円 36万円 25万円+50万円
新宿メディカルクリニック 6,500円 8万円
AGAヘアクリニック
ゴリラクリニック 48万円
TOMクリニック 30万円+4万円

 

AGAクリニックの選び方

AGAクリニックを選ぶ際の私のおすすめ手順を記載します。

 

  1. AGAクリニック毎の費用を比較
  2. 無料カウンセリングを申し込み(複数)
  3. カウンセリングで自分が受けたい治療が受けられるか確認
  4. 複数のカウンセリングを受けたら、最終的にどのクリニックに申し込むか決定

 

薄毛の進行具合がそれ程深刻な状態ではないのなら、まずは内服薬から試すのが良いでしょう。
ただ、薄毛進みすぎて手遅れにならないうちに、適切な診察と治療を始めるのが何より大事ですので、
まずは当サイトの比較表を参考にAGAクリニックの候補をいくつか決めて、無料カウンセリングを申し込みましょう。

 

複数のAGAクリニックでカウンセリングを受けることの重要性

複数のカウンセリングを受けることで、

  • 複数の医師の判断・治療方針が聞ける
  • 判断の違いから質問したいことが見えてくる

質問への回答を聞くことで自分なりに納得してその後の診療を受けることができるというのは大きなメリットです。
大金払うのですから納得できるクリニックを見つけることが重要だと思います。

 

臆することなく、複数のカウンセリングを申し込みましょう。